2009年11月06日

コラボレートインテリア

斬新なインテリア コーディネートをお望みならコラボレート家具を選んでみては。
カネカオリジナル家具では、「西陣織の生地」をあしらった家具を販売しています。
「和を楽しむライフスタイル」を提唱京都の着物作家、斉藤上太郎氏がデザインし、カネカ家具が製作、見事なコラボレーション家具です。
和室やモダンな洋室にも合うこの「KIMONO KAGU」シリーズは、桐タンス職人の手によるクオリティの高い家具で、西陣織をあしらった襖部分は、四季にあわせて新柄や着せ替えが可能です。

着物や洋服の収納はもちろん、飾り棚としても使える桐箪笥は、外枠がウォールナットやメープル材使用のものでも、引き出しには桐材を使用しています。
桐材は防虫性、防湿性に優れ、衣服の保管に最適です。
取っ手は漆塗りの美しい仕上がり。
マンションや戸建ての和室にも合うデザインは婚礼タンスや、ひな人形を飾る棚としても様々に利用可能です。

和室にも洋室どちらにも合うロータイプのTVボードはスライドタイプの襖が着せ替え可能です。
TVボードだけでなく、ベッドサイドのローボードとしても使えます。

材質は3種類で貼り生地は斉藤上太郎氏の西陣織生地の中から、選ぶことが出来ます。
好きな材質と貼り生地を選び、あなただけの組み合わせをお楽めます。

またカネカ家具では「KIMONO KAGU」に合う、材質や色合いの吟味に時間を費やし、桐箪笥職人が1点一点丁寧に手作りしています。

桐材・京町屋色は京都の町屋の赤みを帯びた黒色を再現しており、格式のある仕上がりに。
メープル材は表情豊かな板目を選び、明るく仕上げることによって和と洋どちらの部屋でも合う風合いになっています。
ウォールナット材は木目が美しく人気の高く、ナチュラル感と高級感を兼ねた仕上がりです。

着物デザイナー斉藤上太郎氏の伝統とモダンをかけ備えた奥深い美しいデザインから、KANEKAが選んだ美しい日本の花々4種類とさざ波のデザイン。
古典的なデザインから現代モダンまで、日本のどの空間にもあう斬新な家具を、あなたのインテリア コーディネートの目玉にしてみてはいかかですか。
posted by インテリア コーディネート at 11:33 | TrackBack(0) | インテリア コーディネート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。