2009年11月06日

インテリアコーディネータースクール

インテリアコーディネーターになるには通信講座で学び、独自で資格試験を受けて、資格をとるという方法のほかにも、学校に通うという方法もあります。
一般にインテリアを学ぶには一般大学の建築学科や芸術系の大学の建築科・インテリア科またはスクールと専門学校というのがあります。
しかし大学でインテリアを学ぶためには学校に通う以前にまず、大学に合格しなければなりません。
趣味でインテリア コーディネートを考えている人や仕事をしている人には、スクールや専門学校のほうがよいかもしれません。
ではスクールと専門学校の違いはおわかりでしょうか。
スクールとは民間企業が経営・運営しレッスンや講座をしているもので、内容もプロ養成から趣味のレベルまで、個人プランで受講することができます。
受講開始時期も、受講期間も自由です。
専門学校とは学校教育法に基づいて専門課程を持っている学校で、高校卒業またはそれに準ずる資格を持っていることが条件です。
願書の提出や資格証明書も必要となります。願書の提出期間も決まっており、一般に入学は4月となっていることが多く、受講期間もカリキュラムもおおよそ決まっています。

一般にスクールの年齢層は、10〜50代くらいと幅広く、専門学校の場合はスクールよりも若めですが、夜間部には社会人の生徒も比較的多くなっています。
スクールの場合は学ぶ期間や学べる時間帯が自由ですが、専門学校は1〜4年制が多く、時間帯も平日の日中が基本ですが夜間部がある学校もあります。
取得できる資格もさまざまで、中には指定の専門学校を卒業しなければ受験できない国家資格もあります。
就職のための資格習得か、あるいは起業なのか事前にしっかりと計画を立て確認することも必要です。
費用はスクールでおよそ200,000〜700,000円とスクールによって差があり、一般とプロ養成講座によっても違ってくるので事前にしっかり確認してください。

またインテリア コーディネートに関する仕事には、CADシステムを操作し建築や機械部品の設計図面をコンピューターで正確に描く「CADデザイナー」や、「建築士」などもあるので、将来を考えている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。
posted by インテリア コーディネート at 11:33 | TrackBack(0) | インテリア コーディネート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132163200

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。